情報量に比例して増加する風評の被害

地域が受ける風評被害

風評被害とは根拠のない噂によって受ける被害のことです。
特に事件や事故、災害が発生した時に風評の被害が広がりやすく、本来は無関係の人や会社、地域までもが噂によって損害を受ける事例が見受けられます。
特に最近ではネットの発達に伴い、噂が広がる速度も範囲も格段に速く大きくなりました。

今やパソコンやスマホなどの端末は、ひとり一台以上所持するのが当たり前の時代。
何かを調べるのはネットを使うのが当たり前となっています。
しかし、その調べて入手した情報は、本当に信用出来る情報でしょうか?

情報を得やすくなったことに比例して、誰もが掲示板やSNSなどで簡単に情報を伝えられるようにもなってきましたが、それ故に、情報の信ぴょう性も発生元も不明瞭になってきています。

風評被害の原因には、そんな不明瞭さを利用して、悪意ある書き込みをする人の存在もあれば、あまり意識せずに発した言葉が、知らず知らずのうちに風評被害を引き起こす可能性もあるのです。

また、逆に自分が風評の被害を受けることも十分にあり得ます。
それは地域や会社の一員としてかも知れませんし、個人として被害を受ける可能性だってあります。
風評被害は、いつあなたの身に降りかかるかも分からない身近なものなのです。

では、具体的に風評被害とは。
またその影響とは。

今回はそんな風評被害について、地域と企業、個人の3つの面からご紹介していきます。
知らぬうちに自分が被害者にも加害者にもなり得るからこそ、ぜひ一度風評とは何か見つめ直してみましょう。

謂れのない噂から身を守るには

風評被害の中で、範囲的にも経済的にも最も大きな影響が発生するのは地域における風評被害です。 たとえ自分自身に心当たりが無くても、そこに住んでいたりその地域出身だったりするだけでその被害にあってしまう可能性は十分あり得ます。 果たして風評がもたらす影響とは、どの様なものがあるのでしょうか。

企業における風評の被害

企業が受ける風評被害は企業そのものや商品のイメージダウンに繋がりやすく、また一度下がったイメージは回復しにくいのが実状です。 それ故に、より早い事態の把握と正しい対応が企業に求められています。 ここから先は、企業が受ける風評被害とその対応についてご説明していきましょう。

個人でも油断できない被害

ネットの普及に伴い、風評被害は誰にでも起こりうるものになってきました。 たとえば、あなたに関する根も葉もない噂がネット上に書き込まれたら、どの様に感じますか? ただの噂話とはいえ、放置することは非常に危険です。 ここでは個人に起こりうる風評被害とその対策についてご紹介していきます。