情報量に比例して増加する風評の被害

企業における風評の被害

脅かされる企業への信用

例えば、有名な飲食店で異物混入があったという噂を耳にしたとしたらどうでしょう。
恐らく殆どの人が、その真偽や正確性を確かめることなくその店の利用を避けたり、他の人に噂話としてその話を伝えてしまうのではないでしょうか。
もちろんその情報が事実の可能性もありますが、もしかしたら、情報元は腹いせのつもりで悪口を言ったかもしれませんし、悪意を持って評判を落とそうとしたライバル店かもしれません。
しかし、情報元がはっきりしないままでもそのマイナスイメージは確実に、しかも飲食店が知らないところで広まってしまうのです。

こういった例は飲食店だけではなく、他の業種の企業も同様で、企業にとってそれがいわれのない噂や悪口であっても、ネガティブなイメージを与えるものであれば一気に企業の信用を損ないかねません。

エゴサーチよる対策

ネガティブイメージから起こるブランドイメージの低下や顧客離れ、株価の低下を避けるべく、多くの企業は風評被害への対策を講じています。
中でもより力を入れられているのがネットへの対策。
これは、近年になりSNSや口コミサイトなど、匿名での投稿が可能な媒体が増えた影響が大きいとされています。

主な内容としてはエゴサーチによる検索、監視。
自社にとってマイナスリスクが高い書き込みの発見、社内での情報共有後、その内容に応じて商品やサービスの改善を検討などの対応がとられており、こういった対応は小売店、飲食業界程意識が高いとされています。

最近では風評被害対策を専門に行う企業や機関も増えており、より的確な風評災害対策もサービス同様に求められる時代になってきたと言えるでしょう。